青汁ダイエット

ホーム ≫ 肌荒れへの青汁の効果

肌荒れへの青汁の効果

青汁には肌荒れの改善効果はあるの?

青汁には生活習慣病を予防する健康効果だけではなく、肌荒れの改善効果を持ち合わせているので女性から高い人気を得ています。

現代人の女性はお仕事で忙しく、料理をして食生活を整えるような時間がないかもしれません。

その影響で野菜不足に陥り、肌の回復に必要な栄養素を摂取できなくてニキビや吹き出物といった肌荒れで悩むケースが意外と多いのです。

そんな現代人におすすめしたいのが青汁で、高い美容効果を持っている栄養素を下記では幾つか挙げているので一度目を通しておきましょう。

ビタミンA(β-カロテン):肌の粘膜を守ってNMF(天然保湿因子)の生成を促すので乾燥対策に適している
ビタミンB2:皮膚の新陳代謝を促して健全な発育をサポートする
ビタミンB6:肌の抵抗力を高めて吹き出物や湿疹を未然に予防する
ビタミンC:抗酸化作用が高くコラーゲンの生成にも欠かせない栄養素でシミ対策として重宝されている
ビタミンE:肌のシミやシワを引き起こす活性酸素から守ってツヤを与えてくれる

上記のようなビタミン類が青汁の中には豊富に含まれており、肌荒れの改善に繋がると言われている大きな理由です。

野菜不足で肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れ、コンディションが整えられなくなっている方はたくさんいます。

もちろん、肌荒れの原因は下記のように様々で、青汁さえ飲んでいれば自然と回復するというわけではありません。

・洗顔のし過ぎや紫外線による肌の乾燥
・使用している化粧品が肌に合わないことによる刺激
・睡眠不足によって成長ホルモンの分泌量が減っている
・生理前にホルモンバランスが乱れている
・内臓疾患によって消化や吸収といった機能が低下している
・オイルクレンジングや油性ジェルなどスキンケアで肌に刺激が加わっている

それでも、青汁を飲んで身体の内側から肌荒れが引き起こされにくいような状態を維持することはできるので、当サイトでご紹介している「酵素青汁111選セサミンプラス」を飲んでみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

腸内環境と肌荒れは深く関わっているの?

青汁が肌荒れに効果的なのはビタミンが含まれているだけではなく、腸内環境の改善が可能だからです。

腸内の細菌は以下の3種類に大きく分けられます。

善玉菌:乳酸菌やラブレ菌が代表的で、腸を健康に保って良い作用をもたらす
悪玉菌:ピロリ菌や大腸菌が代表的で、腸内を腐敗させて悪臭や有毒ガスを発生させる
日和見菌:腸内細菌の約7割が該当し、善玉菌と悪玉菌の強い方に味方をする

善玉菌が優勢で悪玉菌が劣勢な腸内環境がベストで、良好な状態で保つことで身体全体の機能を高められるので肌本来が持っている機能を促すことができます。

「体内に老廃物やガスが溜まる」⇒「血液の中に溶け込む」⇒「全身の肌に巡る」⇒「毛穴から排出されて肌荒れを引き起こす」というメカニズムでニキビや吹き出物が形成されやすいため、腸内環境の改善が美容にとって欠かせないのはお分かり頂けるはずです。

青汁の中には善玉菌のエサとなる食物繊維が多く、便のカサを増したり腸のぜん動運動を促したりしてくれるので、毎日バランス良く取り入れることで便秘の解消に繋がります。

以上のように、美肌の維持と内臓には深い関係性があるので、肌荒れを予防して綺麗な肌を手に入れたいのならば青汁を飲んで内側から体質改善を図るのが良いかもしれません。

「刺激の少ない洗顔料や石鹸を使用する」「化粧水で肌に潤いを与える」「美容液で肌を保湿する」というスキンケアが全てではないので、女性は特に青汁を飲んでみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<