青汁ダイエット

ホーム ≫ 豆乳青汁の効果

豆乳青汁の効果

青汁に豆乳を混ぜると効果が上がるの?

現在ではドラッグストアでも通販でもたくさんの種類の青汁が販売されており、私たちは気軽に飲めるようになりました。

実は青汁だけではなく、豆乳を混ぜると効果が高まるということで注目を集めています。

大豆を水に浸してすり潰し、水を加えて煮た液体のことを豆乳と呼び、青汁と同じようにたくさんの栄養素が詰まっているのです。

大豆イソフラボン:ポリフェノールの一種で女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをする
レシチン:血液の流れを促したり細胞を活性化させたりという効果を持ち、コレステロールの排出も促す
サポニン:ごぼうの中に多い栄養素で老化を引き起こす活性酸素を除去したり余分な中性脂肪を洗い流したりしてくれる
大豆タンパク:全身の血流を整えながら基礎代謝を高める効果があり、摂取カロリーの低減にも繋がる
トリプシンインヒピタ:インスリンの分泌を盛んにして糖尿病の予防効果が期待できる
大豆ペプチド:新陳代謝を高めて脂肪の燃焼を効率良くサポートする

このような栄養素が豆乳の中には含まれており、青汁と組み合わせることによって更に効果を高められます。

どのように効果が高まるのか下記では説明しているので、一度チェックしてみましょう。

ダイエット効果を高める

青汁と豆乳を混ぜるレシピにより、ダイエット効果を高めることができます。

青汁の中に含まれている食物繊維で便秘を解消し、豆乳の中に含まれているレシチンやサポニンによってコレステロールや中性脂肪を吸着して落とせるのでダブルの効果が期待できるのはお分かり頂けるはずです。

特に被ってしまうような栄養素はありませんし、「1日に1杯」と決めていれば栄養過多といったリスクは特にありません。

しかし、自作でミキサーやジューサーを使って青汁を作り、その中に豆乳を入れるような飲み方では多くの栄養素をまとめて摂取するのは難しくなります。

それに、いちいち青汁を作るのも面倒な作業ですし、冷蔵庫で保管して新鮮さが失われれば効果も落ちるので、市販で購入した豆乳に通販の粉末タイプの青汁を混ぜるという方法がおすすめです。

当サイトでは、単体でもポッコリお腹を解消したりダイエット効果を高めたりという粉末の「サンスター粉末青汁」をご紹介しているので、一度毎日の生活に取り入れてみてください。

>>サンスター「粉末青汁」の詳細はこちらから<<

コレステロールを下げる効果が上がる

青汁と豆乳を組み合わせることにより、コレステロール値を下げる効果が更にアップします。

悪玉コレステロールを減らす食物繊維やビタミン類が青汁には豊富で、豆乳にも同じような効果を持つレシチンが配合されているのです。

バランス良く栄養素を取り入れることにより、悪玉コレステロールの害を抑えてくれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を増やせるのもメリットかもしれません。

特に、豆乳に含まれているレシチンは大事な栄養素で、不足すると下記のような症状で悩まされやすくなります。

・免疫力が下がって風邪を引きやすくなる
・神経伝達が上手くいかなくなって頭痛や不眠を起こす
・脳機能に異常が生じて記憶力や集中力が低下する

このような不快な状態を未然に予防するためにも、青汁だけではなく豆乳も毎日の生活に取り入れてみましょう。

単体よりも飲みやすくなる

効果のアップではなくメリットと説明した方が良いかもしれませんが、青汁単体よりも豆乳を混ぜた方が遥かに飲みやすくなります。

粉末タイプの青汁は水に溶かして飲むのが一般的な方法となっているものの、下記のような意見が出回っていました。

・単体で飲むと不味い
・苦くて毎日飲むのが苦痛
・青汁の青臭さがどうしても我慢できない

青汁だけではなく豆乳にもニオイや味にクセがあり、市販の製品でも単体では飲みにくいかもしれません。

そこで、お互いを混ぜ合わせることでクセを消し合い、まろやかな味わいになるので苦味を軽減して毎日の生活に取り入れやすくなるのです。

青汁にしても豆乳にしても医薬品のような大きな効果は期待できないので、楽に飲めるように工夫するのは大事なことなのではないでしょうか。

青汁と豆乳のスープやスムージーを作ってみよう

ただ青汁や豆乳を混ぜて飲むのに飽きてしまったのならば、スープやスムージーを作ってみてはいかがでしょうか。

・青汁と豆乳が入った玉ねぎポタージュスープ
・青汁と豆乳の茸ポタージュ
・青汁バナナ豆乳スムージー
・果物を加えた青汁ダイエットスムージー

このようなレシピがインターネットでは人気を得ており、より美味しく飲むことができます。

近年では忙しいことを理由にして朝食を抜いている方は多いものの、ご飯やパンの代わりとして飲めばしっかりと栄養素を補給して元気な1日を送れるようになるのです。

料理をしない方でも簡単に作れるので、一度自宅で試してみてください。