青汁ダイエット

ホーム ≫ 青汁を原材料で比較しよう

青汁を原材料で比較しよう

青汁を原材料で比較しよう

青汁と一口に言っても様々な原材料が使われており、製品によって大きな違いが生じています。

一つの原材料をメインとして作ったり、複数の原材料を独自でブレンドして栄養素を濃縮したりと、どのメーカーも効果を高められるように努力しているのです。

原材料によって栄養素のバランスや味には違いが生じているので、比較の参考になるのではないでしょうか。

以下では、青汁製品の中にどのような原材料が使われているのかご説明しているので、自分なりに比較して最も適した青汁を飲んでみてください。

ケールを使った青汁

青汁の原材料の中でも定番中の定番と言われているのがケールで、ブロッコリーやキャベツと同じアブラナ科の植物です。

βカロテンやビタミンC、食物繊維など栄養素が豊富に含まれており、「スーパー野菜」という異名は伊達ではありません。

質の高い睡眠を得られるメラトニンも配合されていて、不眠の悩みを抱えている方にもケールの青汁は適しています。

「苦い」「不味い」「青臭い」というのがケールのデメリットですが、近年では他の野菜や食材をブレンドして飲みやすくした製品が増えました。

当サイトでご紹介している「酵素青汁111選セサミンプラス」はケールが主原料の一つで、ダイエットの力強い味方になってくれるので毎日の生活に取り入れてみましょう。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

明日葉を使った青汁

あまり聞き慣れない野菜かもしれませんが、青汁の原材料として明日葉を使っている製品も数多く存在します。

日本原産の強靭な生命力を持ち、「若葉を摘んでも明日にはまた伸びる」と言われるほど成長が早いのでこのように名付けられました。

ビタミンやミネラルなどが豊富なので栄養価が高く、血糖値を下げてメタボの解消に繋げられるカルコンも明日葉の特有成分の一つです。

生活習慣病の予防や改善のサポートをしてくれる存在なので、明日葉を原料として使っている「サンスター粉末青汁」を飲んでみてください。

>>サンスター「粉末青汁」の詳細はこちらから<<

大麦若葉を使った青汁

ケールの青汁に次いで人気を得ているのが大麦若葉が原料の製品で、近年になってメジャーとなりつつあります。

抗酸化作用が高いSOD酵素が大麦若葉には含有されており、高血圧や動脈硬化といった病気の予防に繋げられるのです。

抹茶のような香ばしい風味が特徴で、ケールの青汁と比較して飲みやすいのが大きなメリットかもしれません。

もちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素も豊富に詰まっており、他の原材料と比較して劣ることはないでしょう。

桑の葉を使った青汁

桑の葉を原材料とした青汁も現在は増えており、下記のように様々な効能を持っています。

・科学的なデータによって血糖値の上昇を抑制する効果を持っていることが判明した
・糖分の吸収を緩やかにできるので糖尿病などの生活習慣病を予防できる
・コレステロール値や中性脂肪値を下げてメタボの解消に繋げられる
・肝機能を強化することで二日酔いを予防できる

桑の葉に含まれているデオキシノジリマイシンと呼ばれる成分により、上記のように高血圧や糖尿病の予防に繋げられるのです。

毎日の食事として取り入れるのが難しいので、桑の葉の効能を得たいと考えているのならばこれが原材料となった青汁製品を購入して飲んでみてください。