青汁ダイエット

ホーム ≫ 飲みやすい青汁

飲みやすい青汁

飲みやすい青汁はドラッグストアで市販されているの?

青汁と聞くと不味いというイメージがあり、以前はテレビで罰ゲームとして取り扱われていました。

しかし、近年では美味しく野菜の栄養素を摂取できるようにと飲みやすい青汁が多くなりましたし、ドラッグストアやスーパーといった場所でも市販されています。

飲みやすいかどうかは個人の味覚によって異なるので一概には説明できないものの、サントリーの「極の青汁」はゴクゴク飲めると評判です。

1ヶ月間で3,600円とドラッグストアで市販されているタイプの青汁と比較してみると、少々高めのお値段だと感じるかもしれません。

それでも、あまりにも安すぎる青汁は下記のような特徴があります。

・化学肥料や農薬を使って作られた野菜を使っている
・国産ではなく海外産の野菜を使っている
・信頼できる工場で念入りな検査が実施されていない

全ての製品に該当する話ではありませんが、安さだけで青汁を選ぶのはあまり適さないのでサントリーの「極の青汁」はおすすめの製品の一つです。

また、飲みやすい青汁かどうかは実際に飲んでみた人の口コミを確かめてみるのがベストで、これが通販で取り扱っている青汁がおすすめされている理由かもしれません。

薬局で取り扱っている製品は口コミの意見をチェックすることができないのに対して、通販がメインの商品ならば色々なサイトでレビューを確かめられます。

「そこまで苦さは感じられなかった」「子供でもゴクゴクと飲んでくれた」「スッキリと香ばしい味が良い」という評価がなされていれば、飲みやすい青汁なんだと把握できるのです。

当サイトでご紹介している「お茶村の神仙桑抹茶ゴールド」は口コミでの評判が高く、サッパリと美味しく飲み干せることで有名となっています。

創業70年のお茶屋さんが作った青汁だけあって栄養素を詰め込むだけではなく、飲みやすさを重視して毎日簡単に取り入れられるような試みが実施されているのです。

「水で溶かして飲むと苦い」と感じるのならば、豆乳と混ぜ合わせてみたりアイスの上にかけたりとレシピを工夫して「お茶村の神仙桑抹茶ゴールド」を飲んでみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

青汁が飲みにくい時はどうすれば良いの?

「ゴクゴク飲むことができます」「従来の製品と比べて苦みや青臭さはありません」と紹介されている青汁でも、自分の口に合わないことはあります。

味覚は個人によって異なりますし、100%の人が満足する味の青汁を作るのは不可能なので、飲みにくい時はサプリメントタイプの製品を購入するのが選択肢の一つです。

・水ではなく牛乳と混ぜて飲む
・ヘルシーさを出すために豆乳と混ぜる
・より多くの栄養素を摂取するために野菜ジュースと混ぜる
・アイスやヨーグルトと混ぜて食べる

このようなアレンジをしても不味くて飲めない人はいらっしゃるので、カプセルタイプのサプリメントならば簡単に飲みにくいという問題をクリアできます。

錠剤に加工されていても葉野菜に含まれた栄養素が凝縮されている点では一緒ですし、「体内への吸収率が悪くなる」「栄養価が下がる」という心配はありません。

カプセルと聞くと内服薬をイメージする方が多いかもしれませんが、賦形剤を使用していないようなサプリメントならば安全に栄養補給が可能なのです。

当サイトでは、小さな粒の中にビタミンやミネラルが詰まったサプリメントの「酵素青汁111選セサミンプラス」も同時にご紹介しています。

ダイエットのサポートやエイジングケア、健康な生活習慣などありとあらゆる年代の人から人気なので、液体状では飲みにくいと感じている方は一度試してみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<