青汁ダイエット

ホーム ≫ 青汁のコレステロール除去効果

青汁のコレステロール除去効果

青汁にはコレステロール値を下げる効果があるの?

青汁にはコレステロール値を下げる効果があり、継続して飲むことで健康体を手に入れられる大きな理由の一つです。

  • ダイエット効果を高めて体重を減らしたい
  • 幾つになっても美肌を維持したい
  • 毎日の野菜不足を解消したい

上記のように、個人によって青汁を飲み始める理由には違いが生じているものの、コレステロールを除去して動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった病気の予防で取り入れる方が増えています。

近年では食生活の欧米化や運動不足により、血中のコレステロール値や中性脂肪値が高くなって会社の健康診断で引っ掛かる方が多くなりました。

これらの数値が高い状態をキープするのは非常に危険で、フォアグラやレバーなどの肉類、マヨネーズなどの調味料を過剰摂取している方は注意しなければなりません。

しかし、コレステロールの摂取が全て悪いわけではなく、以下の2種類に分けられます。

善玉(HDL)コレステロール:体内の不要なコレステロールを回収して肝臓へと運搬する
悪玉(LDL)コレステロール:血管の壁に付着したコレステロールを剥がして回収する

このような働きを持っており、他にも細胞膜を構成したり副腎皮質ホルモンの原料となったりと、人間が生きていくに当たって必要な成分なのです。

だからといって体内に悪玉コレステロールが増えすぎると血管の中に溜まって血液の流れが妨げられ、動脈硬化や心臓麻痺の原因に繋がるので青汁を飲み始めてみましょう。

緑黄色野菜を使って作られた青汁の中には豊富な食物繊維やビタミン類が含まれており、不要な悪玉コレステロールを体外へと排出して数値を下げるサポート効果があります。

たった1杯の青汁を毎日飲み続けるだけでも、悪玉コレステロールを減らしながら善玉コレステロールを増やし、血中に溜まるのを防いでくれるのです。

ビタミンC:コレステロールを胆汁酸に変化させてから排出させる
ビタミンE:悪玉コレステロールが酸化するのを抑える
βカロテン:コレステロールが血管の壁へと張り付くのを防ぐ
食物繊維:コレステロールや中性脂肪の吸収を抑えて便と一緒に排出させる

このような作用を持つ栄養素バランス良く含まれている飲み物が青汁なので、健康体を維持したいと考えている人には当サイトでご紹介している「酵素青汁111選セサミンプラス」をおすすめします。

エイジングケアを考えている女性だけではなく健康効果を高めたい男性からも人気なので、一度「酵素青汁111選セサミンプラス」を飲んでみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

青汁以外のコレステロールを除去する方法はあるの?

青汁を毎日飲むだけでも、コレステロール値や中性脂肪値を下げて生活習慣病の予防に繋がることは上記で説明しました。

しかし、医薬品ではなくあくまでも健康補助食品ですし、朝食・昼食・夕食の全てを青汁に置き換えることはできないので他の方法も同時に行って健康体を手に入れる努力をした方が良いでしょう。

悪玉コレステロールを減らすのに効果的な方法は毎日の食事の見直しなので、メタボで悩まされている方は以下の食べ物を食べてみてください。

卵黄や大豆:脂質の一種のレシチンによって血管の壁に付着した悪玉コレステロールを除去してくれる
りんご:りんごに含まれているペクチンやポリフェノールがLDLコレステロールを減らしてくれる
オリーブオイルやキャノーラ油:オレイン酸の効能によって悪玉コレステロールだけを低下させる
シイタケ:シイタケの中に含まれているエリタデニンが食物繊維と合わさってコレステロール値を下げる

上記のような食べ物を食べることで、以前にも増して健康効果をアップさせられるはずです。

青汁を飲んで体内に必要な栄養素を取り入れていたとしても、「肉類ばかりに偏っている」「インスタント食品ばかり食べている」「野菜や果物は一切食べない」という状態では確実に不健康へと誘われます。

食生活の見直しは意外と難しいので直ぐに変化させられるわけではありませんが、少しずつバランスの良い状態へと導けるように努力してみてください。