青汁ダイエット

ホーム ≫ 粉末タイプの青汁

粉末タイプの青汁

青汁の中でも粉末タイプの製品がおすすめ

青汁には様々な種類がありドラッグストアや通販などで取り扱っていますが、その中でも粉末タイプの製品がおすすめです。

製品によって異なるものの、基本的にはスティックなどに1杯分の粉末が入っており、水や牛乳などに溶かして飲む形となります。

液体状の製品は保存性が悪く、賞味期限が短くて直ぐに品質が悪化する可能性が高いため、通販で取り扱っている青汁は粉末タイプが多いのかもしれません。

以下では、粉末タイプの青汁の中でもおすすめの製品をご紹介しているので、どれを飲めば良いのか分からない人は一度チェックしてみましょう。

サンスター粉末青汁

100%国産の野菜を5種類も使っていることで有名なのが「サンスター粉末青汁」です。

成人は1日当たり平均して73gの野菜が不足しており、「サンスター粉末青汁」を飲むことによって100g分を補うことができます。

ケールや大麦若葉など厳選した品質の高い野菜を使っていて、食品添加物を一切使っていないところも安心できるポイントなのではないでしょうか。

どれか一つの栄養素に偏るのではなくバランスを重視して作られているので、「サンスター粉末青汁」を毎日の生活の中に取り入れてみてください。

<<サンスター粉末青汁の詳細はこちら>>

粉末タイプの青汁の飲み方やアレンジについて

粉末タイプの青汁の飲み方は特に決まっておらず、水や白湯以外の飲み物に混ぜ合わせて飲むことができます。

「牛乳と混ぜる」「野菜ジュースに加える」「豆乳で飲みやすくする」と独自でアレンジして飲んでいる方も多く、臨機応変に変えられるのが粉末タイプの青汁のメリットかもしれません。

ドリンクタイプの青汁は長期間に渡って続けることで飽きるかもしれませんが、粉末タイプならば日によって変えられるので長く続けやすいのです。

他にも、粉末タイプの青汁にどのようなメリットがあるのか以下ではまとめてみました。

・個別分包されている製品が多いので自宅だけではなく外出中でも簡単に飲める
・ヨーグルトにかけたり調味料として使ったりという飲み方も可能
・乾燥製造されている粉末は賞味期限が長いので余っているからといって焦って飲む必要がない

液体タイプやカプセルタイプの青汁よりも粉末タイプの製品は飲み方のアレンジが幅広く、食べ物と混ぜ合わせている方は少なくありません。

赤ちゃんや子供の場合は栄養素が高くても液体状の青汁を飲んでくれないかもしれないので、離乳食に混ぜたりおやつのヨーグルトに加えたりという方法が適しています。

粉末タイプの青汁は栄養が失われるの?

「液体状の青汁と比べて粉末タイプの青汁は栄養が失われるのではないか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

確かに、製造の過程でビタミンや食物繊維など、大事な栄養素が失われて効果が薄くなるのではないかという心配はあります。

しかし、どのメーカーでも技術の向上によって栄養素が失われないように作っており、品質的には全く問題はないのです。

冷凍パックの方が新鮮な感じがするかもしれませんが、温度管理や保存性の面で粉末タイプの製品は非常に適しています。

粉末製品にしても冷凍パックにしても、「国産の野菜が使われているかどうか?」「残留農薬検査が実施されているかどうか?」という点で比較して良質な製品を探してみてください。