青汁ダイエット

ホーム ≫ ドリンクタイプや液体タイプの青汁

ドリンクタイプや液体タイプの青汁

ドリンクタイプや液体タイプの青汁を飲もう

青汁と聞いて真っ先にイメージするのが液体状となったドリンクタイプの製品かもしれません。

テレビのコマーシャルで放映されてから青汁が健康や美容に良いと話題を集め、現在では子供から大人まで幅広い年齢の方から愛されるようになりました。

そこで、ドリンクタイプの青汁のメリットとデメリットについて下記ではご説明しているので、一度確認しておきましょう。

<メリット>
・搾り立てを使用しているので鮮度が抜群
・液体状なので体内への吸収率が高くなっている
・粉末青汁やフリーズドライ青汁と比較してのどごしが良い

<デメリット>
・青汁そのままの味がするので飲みにくい
・青臭さが強くて飲む度にストレスが溜まることもある
・冷凍青汁のパックで冷蔵庫がいっぱいになりやすい

製法の違いによって栄養素の配分や量には大きな違いはないものの、上記のように飲みやすさが異なります。

短期間で身体に変化が訪れるような医薬品ではなく、毎日続けることが大事なのでドリンクタイプの青汁が適さない人はいるかもしれません。

そこで、液体状となったドリンクではなく、当サイトでご紹介している「酵素青汁111選セサミンプラス」をおすすめします。

「酵素青汁111選セサミンプラス」はカプセル状なので味で不快感を覚えることはありませんし、小さな粒の中にビタミンやミネラルなど豊富な栄養素が詰まっているので健康や美容のために飲んでみてください。

酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちら

青汁以外の健康ドリンクには何があるの?

健康ドリンクとしては青汁以外にも、下記のようにたくさんの種類があります。

酵素ドリンク:清涼飲料水に分類され、消化を助ける食物酵素が多く含まれているのでダイエットに繋がる
栄養ドリンク:リポビタンDやチオビタが該当し、体内の健康維持に欠かせない栄養素が含まれている
コラーゲンドリンク:体内で生成されているタンパク質の一種のコラーゲンがメインの飲み物

どのドリンクも健康に良い栄養素や成分がふんだんに使われているので、青汁が苦手な方は試してみても良いかもしれません。

ただし、どの製品にも該当する話ですが、あくまでも毎日の食生活をサポートするのが役割なので、食事の代わりとして飲むのはやめましょう。

ダイエット効果を高めたいと考えている女性は、「昼食や夕食を一切食べずにドリンクで我慢する」というやり方を試みていることがあります。

置き換えダイエットは効率が高いものの、食べ物から取り入れる栄養素も非常に大事なので、無理な食事制限は行わないように注意してください。