青汁ダイエット

ホーム ≫ 青汁で食物繊維を摂取しよう

青汁で食物繊維を摂取しよう

青汁を飲んで食物繊維を摂取しよう

青汁には様々な栄養素が含まれており、その一つが食物繊維です。

緑黄色野菜の中に食物繊維は多く、人間の消化酵素では消化されない難消化性成分の総称を指しています。

どの青汁もケールや明日葉、大麦若葉や桑の葉といった野菜を主原料としているため、ドリンクやサプリメントとして摂取することで簡単に体内へと取り入れられるのです。

食生活の欧米化によって肉類や乳製品を摂取する機会が多くなってからというもの、日本人の食物繊維の摂取量は大きく減少しました。

その食生活の乱れをサポートしてくれるのが青汁で、以下では食物繊維にどのような効果があるのかご説明しているので一度チェックしておきましょう。

・炭水化物や糖質の吸収や消化を緩やかにして食後に血糖値が上昇するのを防ぐ
・便のカサを増して排出しやすくしたり腸内環境を整えたりすることで便秘を解消する
・腸内における発癌物質の生成を抑えるので腸疾患や代謝性疾患の予防に繋がる
・悪玉コレステロールや胆汁酸を体外へと排出する手助けをして生活習慣病を予防する

以前までは食べ物のカスなので不要だと考えられていましたが、上記のような効果を持っていることが判明してから日常的な摂取が推奨されています。

0歳から14歳までは親御さんや小学校での栄養管理がきちんと行われているため、目安摂取量に至っていると国民健康調査では分かりました。

一方で、義務教育を終えた高校生から60代を超える高齢者まで食物繊維が目安摂取量に達しておらず、日本人の大半が不足しているのです。

もちろん、今まで野菜を食べてこなかった人が急に自炊をしてバランスの良い食生活を送るのは意外と難しいので、青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。

青汁ならばお仕事で忙しい方も簡単に摂取できますし、日々の野菜不足をサポートしてくれます。

「青汁の味が苦手」と感じている方のために、当サイトではサプリメントタイプの「酵素青汁111選セサミンプラス」をご紹介しているので、食物繊維が詰まったこの製品を飲んでみてください。

酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちら

青汁に含まれている食物繊維の種類について

青汁が健康に良い飲み物と言われているのは、2種類の食物繊維がバランス良く含まれているのが大きな理由です。

一口に食物繊維と言っても、下記のように不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられます。

不溶性食物繊維:腸内の水分を含んで膨張させ、排便に繋がるぜん動運動を促進する
水溶性食物繊維:水分を含んでヌメっとしているのが特徴で、有害物質を吸着して排出する

どちらにも便秘の解消効果を秘めているのは事実ですが、どちらか片方に偏った食生活を送っていては意味がありません。

不溶性食物繊維⇒「豆類や穀物に含まれるセルロース」「完熟野菜類に含まれるリグニン」「甲殻類に含まれるキトサン」
水溶性食物繊維⇒「果物やイモ類に含まれるペクチン」「海藻類に含まれるヘミセルロース」「麦類に含まれるガム質」

これらの2種類の食物繊維をバランス良く摂取しなければならず、青汁には両方が含まれています。

便秘の解消に焦点を当てるのならば不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は2:1の比率がベストで、毎日の食事では上手く取り入れられないことが多いので青汁が適しているのです。

通販で取り扱っている青汁製品は味の美味しさにも細心の注意を払っており、サプリメントタイプの製品ならば野菜嫌いの人でも毎日の生活に取り入れられます。

当サイトでご紹介している「酵素青汁111選セサミンプラス」は小さな錠剤なのにも関わらず、食物繊維を中心とする栄養素ギューっと凝縮されているので一度飲んでみてください。

酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちら