青汁ダイエット

ホーム ≫ 青汁でビタミンやミネラルを摂取しよう

青汁でビタミンやミネラルを摂取しよう

青汁を飲んでビタミンを摂取しよう

青汁が健康や美容に良いと言われているのは豊富な種類のビタミンを摂取できるからで、体内では貯蔵できずに余剰分は体外へと排出されます。

つまり、1日にまとめて摂取すれば良いわけではなく、バランス良く毎日取り入れなければならないので手軽に飲める青汁が最適なのです。

サプリメントならば推奨量のカプセルを水や白湯と一緒に飲むだけですし、粉末タイプの製品も同じように飲み物や食べ物と混ぜ合わせて摂取できます。

以下では、青汁の中に含まれているビタミンの種類をご説明しているので、一度確認しておきましょう。

ビタミンA(レチノール):不足によって視力低下や成長障害といった症状が引き起こされる
ビタミンB1(チアミン):糖質をエネルギーに変えて脳の働きを助け、疲労感やだるさの改善に繋がる
ビタミンB2(リボフラビン):皮膚や髪の毛の成長と深く関わっていて、粘膜部分の働きを助ける作用もある
ビタミンB6(ピリドキシン):タンパク質の分解や合成を助けて、成長を促したり神経機能を正常化させたりする
ビタミンC(アスコルビン酸):抗酸化力が高く肌の老化を引き起こす活性酸素を除去してハリや弾力を与える
ビタミンD(カルシフェロール):骨を強くして骨粗鬆症を予防したりダイエット効果を高めたりする
ビタミンE(トコフェロール):血液をサラサラにして若返りを促し、動脈硬化の予防に繋がる
ビタミンK(フィロキノン):血液を凝固させるための栄養素で、不足すると血管が詰まったり月経過多が引き起こされたりする

ビタミンAの目安摂取量⇒男性で850μgRE、女性で700μgRE
ビタミンB1の目安摂取量⇒男性1.4mg、女性で1.1mg
ビタミンB2の目安摂取量⇒男性で1.6mg、女性で1.2mg
ビタミンB6の目安摂取量⇒男性で1.4mg、女性で1.1mg
ビタミンCの目安摂取量⇒100mg
ビタミンDの目安摂取量⇒5.5μg
ビタミンEの目安摂取量⇒男性で7mg、女性で6.5mg
ビタミンKの目安摂取量⇒男性で75μg、女性で65μg

このようなビタミンがバランス良く含まれているのが青汁で、健康や美容に良いのはお分かり頂けるはずです。

ビタミン剤を服用するよりも青汁の方が良いと言われており、それは普段の食事に近いことが大きな理由かもしれません。

ビタミン剤にもバランス良く栄養素が含まれている点では一緒ですが、様々な種類の緑黄色野菜が使われている青汁の方が安心して取り入れられます。

当サイトでは、ビタミンに加えて酵素を配合した「酵素青汁111選セサミンプラス」をご紹介しているので、食生活の乱れを改善するために一度飲んでみてください。

酵素青汁111選セサミンプラスの公式サイトはこちら

青汁を飲んでミネラルを摂取しよう

青汁は健康やダイエットの味方になるビタミン類だけではなく、数多くの種類のミネラルもバランス良く摂取できます。

ミネラルも同じように体内では生成されず、何かしらの形で外部から取り入れなければなりません。

現代人は食生活の欧米化によって野菜や魚に含まれているミネラルの摂取量が不足しているため、健康や美容のために青汁を飲むという方法が注目されているのです。

使っている原材料によって含まれている栄養素には違いが生じているものの、以下ではミネラルが身体にどのような影響を与えるのかご説明しているので一度チェックしておきましょう。

カルシウム:骨や歯を作るために欠かせない栄養素で、精神を落ち着かせる作用も持っている
リン:ビタミンB群と結び付いて糖質の代謝を促したり浸透圧をコントロールしたりする
鉄分:体内で血液を運ぶヘモグロビンとなり、動物性食品のヘム鉄と植物性食品の非ヘム鉄の摂取で貧血を予防できる
マグネシウム:タンパク質の合成やエネルギーの代謝と関わっていて、体温や血圧を調整してくれる
亜鉛:細胞分裂と深く関わっているミネラルで、不足すると成長障害や味覚障害のリスクが高まる
カリウム:高い利尿作用によってむくみを解消し、筋肉の働きをスムーズにする
銅:赤血球の形成を助けて貧血を予防したり免疫力を高めたりする

このようなミネラルが青汁の中には少しずつ含まれており、全てを同時に摂取できるのがメリットです。

ミネラルの中にはビタミンとくっ付いて効果を発揮する栄養素もあるため、両方を同時に取り入れられる青汁が健康食品の中でも話題を集めているのかもしれません。

若いうちは代謝が良くて栄養素が不足していても大きな悪影響はないかもしれませんが、年齢を重ねれば重ねるほど様々な症状が顕著にあらわれます。

その予防として青汁を飲むのが適しているので、野菜類や魚類を食べる機会が少ないという方は青汁サプリメントの「酵素青汁111選セサミンプラス」を取り入れてみてください。

酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちら