青汁ダイエット

ホーム ≫ 青汁がまずい時のアレンジ

青汁がまずい時のアレンジ

青汁がまずい時のアレンジ方法について

「青汁はまずい」「青汁は苦い」「青汁は臭い」というイメージを持っている方が多いかもしれません。

確かに、「ん~っ不味い!もう一杯!」というコマーシャルのキャッチフレーズから青汁は有名になり、見た目からもまずいのが想像できます。

しかし、現在では罰ゲームに使われるような存在ではなく、赤ちゃんでも子供でも飲めるほど美味しくなり、だからこそダイエット効果を上げたり健康を促進したりという理由で青汁を取り入れているのです。

それでも、苦みや臭みで飲み続けられないという方は意外と多いので、他の飲み物や食べ物と混ぜてアレンジするのが適しています。

アレンジして青汁の効果が下がるというわけではありませんし、美味しく飲み続けるための効果的なやり方なのです。

以下では、おすすめのアレンジ方法をご紹介しているので、「青汁はまずいからちょっと・・・」と苦手意識を持っている方は一度実践してみてください。

砂糖を混ぜる:甘みが加わって苦みを緩和できるが、糖分によってビタミンBの消費量が大きくなるので注意
牛乳を混ぜる:青臭さが解消されて抹茶ミルクのような味になり、タンパク質やカルシウムも同時に摂取できる
レモンを加える:半個程度を絞って入れるだけで苦みと酸味のバランスが良くなってビタミンCも豊富に取り入れられる
グレープフルーツを加える:4分の1個程度を絞って汁を入れるのがおすすめで、レモンよりもマイルドな口当たりになる
豆乳を混ぜる:甘みが増すので飲みやすくなり、豆乳に含まれるイソフラボンや葉酸も同時に摂取できる
ヨーグルトに加える:ヨーグルトに粉末の青汁を加えることでデザート感覚で楽しめる
野菜ジュースを混ぜる:「野菜×野菜は意味がないのでは?」と思う人はいるが、苦味や臭みを和らげられる
はちみつを混ぜる:小さじ2杯程度のはちみつを加えることで甘くなって栄養素のバランスも更に高められる

このようなアレンジ方法が適しており、単体で青汁を摂取するよりも飲みやすくなればストレスなく毎日の生活に取り入れられるはずです。

青汁ダイエットを始めるに当たり、1日に何杯も飲めば良いというわけではなく、数ヶ月間と長期的に行う必要があります。

1週間や2週間で急激に体重を落とせるようなやり方ではありませんし、毎日飲むだからこそ飲みやすさには十分に気を配らなければなりません。

そのため、アレンジするのはとても効果的ですし、他の果物や飲み物の栄養素もバランス良く摂取できれば相乗効果が期待できるはずです。

とは言え、「カレーの中に入れてみる」「コーヒーと混ぜてみる」というチャレンジは失敗する可能性があるので避けた方が良いでしょう。

当サイトでは、今までの青汁では満足できなかった女性のために、「酵素青汁111選セサミンプラス」をご紹介しています。

「まずいのが苦手」という意見を取り入れてサプリメントタイプが採用されており、送料の500円を負担するだけで30日分が実質無料で摂取できるので「酵素青汁111選セサミンプラス」の公式HPで詳細をチェックしてみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの公式サイトはこちら<<