青汁ダイエット

ホーム ≫ 青汁のカロリーは?ダイエットに繋がる?

青汁のカロリーは?ダイエットに繋がる?

青汁のカロリーはどのくらいなの?ダイエットに繋がるの?

青汁は緑黄色野菜を原料として作られている飲み物ということで、カロリーが低いのは何となく想像できるはずです。

1日に1杯や2杯を飲むことで豊富な栄養素をバランス良く摂取できますし、低カロリーだからこそダイエットの方法として近年では人気を得ています。

製品によって異なるので一概には説明できないものの、大よそ160mlで青汁を作ったとすると1杯当たりのカロリーは10kcal前後です。

健康的なイメージのある野菜ジュースですら1杯で50kcal程度ですし、青汁がいかに低カロリーな飲み物なのかお分かり頂けるのではないでしょうか。

美的に痩せるには1食当たり400kcalに抑えなければならないと言われており、青汁を朝食前や夕食前に飲んだとしても何の問題もありません。

むしろ、余分な老廃物や毒素を排出するデトックス効果が期待できますし、腸内環境を正して便秘の解消にも繋げられるのでダイエットに欠かせない存在なのです。

ただし、10kcal前後というのは水に粉末の青汁を混ぜた場合に限り、下記のような牛乳と混ぜ合わせると当然のようにカロリーは高くなります。

濃厚タイプ(バターやクリームを加えている):100g当たり73kcal
加工乳(低価格の実現と消費者の嗜好に合わせて加工している):100g当たり71kcal
低脂肪乳(生乳や牛乳を原料として加工している):100g当たり46kcal
無脂肪乳(乳脂肪分が除去されている):100g当たり34kcal

ダイエットに弊害が加わるような数値ではありませんが、濃厚タイプの牛乳は少々カロリーが高めに設定されているので、青汁を飲む際は低脂肪乳か無脂肪乳が最適です。

当サイトでご紹介している「酵素青汁111選セサミンプラス」は粉末ではなくサプリメントタイプなのが特徴となっており、2粒当たり1.84kcalという驚異的な数値となっています。

低カロリーなのにも関わらず、アミノ酸が黒酢の45倍、ポリフェノールが赤ワインの13倍と栄養素が豊富だからこそ人気なのです。

当然のようにビタミンや食物繊維などダイエットをサポートする栄養素もバランス良く含まれているので、是非一度「酵素青汁111選セサミンプラス」を試してみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

青汁製品をカロリーで比較しよう

このページでは、通販で取り扱っている複数の青汁製品をカロリーで比較しています。

製品によって大きな違いが生じているわけではありませんが、青汁を選ぶ目安の一つにはなるので一度参照してみましょう。

酵素青汁111選セサミンプラス:1粒当たり0.92kcal
ステラの贅沢青汁:1粒当たり1.43kcal
美感青汁:1包当たり3.0kcal
ミナト式くわ青汁:1袋当たり6.38kcal
乳酸菌が入った青汁:1包当たり7.78kcal
レモンの青汁:1包当たり10.05kcal
神仙桑抹茶ゴールド:1袋当たり10.51kcal
ふるさと青汁:1袋当たり11.13kcal
生青汁:1包当たり11.61kcal
えがおの青汁満菜:1袋当たり14.3kcal
サンスター健康道場粉末青汁:1袋当たり30kcal

上記のように、どの青汁製品と比較しても「酵素青汁111選セサミンプラス」のカロリーが低いことがお分かり頂けるはずです。

もちろん、どんなにカロリーが高くても30kcal程度なので、ダイエットが目的で飲むとしてもカロリーの大小ではなく自分に合っているかどうかで選んだ方が良いかもしれません。

「食べ物や飲み物と混ぜ合わせて摂取したい」という人には粉末タイプがおすすめですし、「青汁の苦みや臭みがダメ・・・」という人にはサプリメントタイプが適しています。

味やニオイを気にせずに毎日の生活の中に取り入れられるので、牛乳や豆乳と混ぜ合わせる必要はないのです。

サプリメントタイプの中でも通販で人気を得ているのが「酵素青汁111選セサミンプラス」なので、公式ホームページでどのような製品なのかチェックしてみましょう。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの公式サイトはこちら<<