青汁ダイエット

ホーム ≫ ダイエットに効果的な青汁の飲み方・タイミング

ダイエットに効果的な青汁の飲み方・タイミング

ダイエットに効果的な青汁の正しい飲み方を把握しよう

ダイエット効果を高めたり病気の予防をしたりと、現在では青汁を毎日の生活に取り入れる方は増えました。

しかし、漫然と飲み続ければ良いというわけではなく、正しい飲み方を把握しておかなければなりません。

特に、1日の摂取量には十分に気を配らなければならず、「栄養素が豊富だから1日に何杯でも飲んでも良い」という考えは間違っています。

医薬品ではないので、「1日に○杯まで」と厳格に決められているわけではありませんが、どんなに身体に良い栄養素でも過剰摂取によって下記のような弊害があるので注意が必要です。

・食物繊維を多く取り過ぎることによって便秘の解消どころか逆に下痢になる
・脂溶性ビタミンの過剰摂取によって肝臓などの体内に蓄積して健康被害が及ぶ
・お腹が緩くなって腹痛で悩まされる

このような症状で悩まされ、ダイエットの効果を高めるどころか体調不良で悩まされやすくなるため、1日にコップ半分~2杯程度を目安にした飲み方を心掛けましょう。

許容範囲を超えて青汁を飲んでいても効果が倍増するわけではありませんし、1日の摂取量を無駄に増やすのではなく長期間に渡って飲み続けるのが大事なのです。

また、青汁を販売しているメーカーによって推奨量は異なり、「えがおの青汁満菜」ならば1袋~2袋、「ヘルスマネージ明日葉青汁」ならば3袋と設定されています。

当サイトでご紹介しているサプリメントタイプの「酵素青汁111選セサミンプラス」は、1日に2粒が目安だと公式ホームページで記載されていました。

正しい飲み方で長い期間に渡って続けることでダイエット効果が上がったり健康的な体質を維持できたりするので、「酵素青汁111選セサミンプラス」を飲む場合も十分に注意してください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

ダイエットに効果的な青汁を飲むタイミングについて

「ダイエットの効果を高めるために青汁を飲むタイミングはいつが良いの?」という疑問を抱えている女性は少なくありません。

青汁は健康食品なので医薬品のように飲むタイミングが厳格に決められているわけではなく、基本的に自由に摂取することができます。

「食事の20分から30分後の食前」「食事と食事の間の食間」「食べ終わって20分後の食後」と内服薬のように服用時間は決まっていないので、健康食品は自分のペースで続けられるのです。

しかし、摂取するタイミングに制限やルールは設定されていないものの、少しでも効果を高めるような飲み方はあります。

以下では手に入れたい効果に合わせて、ベストなタイミングをご紹介しているので一つの目安として頭に入れておいてください。

健康のために栄養補給をしたい⇒胃の中に何も入っていない状態が良いので空腹時に飲む
少しでもダイエット効果を上げたい⇒この場合も食前がおすすめで満腹中枢を刺激して食事量を自然に減らせる
野菜不足を補いたい⇒寝起きのタイミングが適しているが、内臓が完全に起きていない状態なので最初に水を飲む
便秘を解消したい⇒就寝前が適しているが、内臓が消化活動のために動いて睡眠の質が低下する恐れがあるので量は控えめにする

以上のように、目的によって時間帯を変えるのが適しており、自分のライフスタイルに合わせて飲み続けられるように努力してみましょう。