青汁ダイエット

ホーム ≫ 赤ちゃんや子供に青汁は効果的なの?

赤ちゃんや子供に青汁は効果的なの?

赤ちゃんに青汁を与えるのは効果的なの?

「赤ちゃんの健康のために青汁を与えるのは効果的なの?」という疑問を抱えている親御さんは多いかもしれません。

「赤ちゃんには青汁はNG」というわけではありませんし、栄養のバランスが良いので少しずつ飲ませるのは非常に効果的です。

近年では苦みや臭みの少ない青汁製品が販売されており、小さなお子様でもゴクゴクと飲めるようになりました。

赤ちゃんに大量の青汁を与えるのは良くないものの、体調に合わせて少しずつ与えればビタミンやミネラルといった栄養素を簡単に補給できます。

しかし、赤ちゃんに青汁を飲ませるに当たって幾つかの注意点があるので、下記できちんと確認しておきましょう。

離乳期に入ってから青汁を赤ちゃんに与える

青汁を赤ちゃんに与えるに当たり、生後5ヶ月頃の離乳期に入ってから飲ませるようにしましょう。

それまでは母乳やミルクが赤ちゃんの食事の基本ですし、まだ内臓が発達していない状態でいきなり青汁を与えるのは危険なのです。

豊富な栄養素がバランス良く濃縮されているのがメリットですが、赤ちゃんは胃腸や腎臓の機能が大人とは異なるので離乳期を過ぎてからも少しずつ与えてください。

そのままではなく離乳食に青汁を混ぜる

赤ちゃんは苦い青汁をゴクゴクと飲むことはできないので、量を加減しながら離乳食と混ぜ合わせて与えるのが良いかもしれません。

食物繊維が豊富で腸内環境の改善に役立つものの、消化器系が完成していない赤ちゃんには少々刺激が強いので離乳食と混ぜて与えるのが適しています。

・青汁きな粉バナナホットケーキ
・青汁和風スープ
・コーンを使った青汁ポタージュ
・離乳食レンジ蒸しパン
・カツオだしの和風青汁粥

このようなレシピがおすすめで、青汁を離乳食の中に入れすぎなければちゃんと食べてくれるはずです。

当サイトでは、食べ物や飲み物に混ぜられる粉末青汁の「サンスター 粉末青汁」をご紹介しているので、公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

>>サンスター「粉末青汁」の詳細はこちらから<<

カフェインやはちみつが含まれた青汁は避ける

赤ちゃんの食事の中に粉末を入れる場合、カフェインやはちみつが含まれた青汁は避けましょう。

・麦芽糖 ・抹茶 ・緑茶

純粋に野菜100%で作られた青汁にはカフェインは含まれていないものの、上記の原料を使っているとカフェインが入っているので乳幼児にとっては大きな刺激となります。

また、1歳未満の赤ちゃんにははちみつ入りの青汁は絶対に避けなければならず、カフェインを与えるよりも遥かに危険です。

はちみつには古くから腸詰め中毒として恐れられているボツリヌス菌が含まれていることがあり、ウイルスへの抵抗力が備わっていないと乳児ボツリヌス症を引き起こすリスクが高まります。

日本国内で流通している食材に混入しているのは稀で発症例も少ないので神経質になる必要はありませんが、万が一を考慮してはちみつは避けてください。

子供への青汁は効果的なの?飲ませ方は?

赤ちゃんでも原料や摂取量に気を配っていれば青汁を飲めるので、子供にも与えることは十分に可能です。

「色々な栄養素を取って欲しい」「野菜嫌いを克服させたい」ということで、子供に青汁を飲ませようと考えている親御さんは増えました。

1歳以上ならば神経質にならなくても普通に飲ませられますし、大人と同じように子供の成長のためには食べ物からの栄養素が大事なので青汁が効果的なのはお分かり頂けるはずです。

ミネラルやビタミンが含まれた緑黄色野菜はどの年齢においても生きていくために必要な食材で、現在では子供向けの青汁も通販で取り扱っています。

「好きなものを好きなだけ食べさせれば良い」という育て方は少々甘いですし、野菜嫌いを克服させたいのならば少しずつ青汁を取り入れてみるのが良いかもしれません。

しかし、頑固な子供は全く飲んでくれないかもしれないので、下記のような飲ませ方を実践してみましょう。

・食事の中に少量の粉末を入れて青汁の味を分からなくさせる
・独特の苦みを和らげるために牛乳と混ぜてみる
・子供に与えるおやつのヨーグルトに粉末をかける
・自宅で簡単に作りやすいホットケーキに混ぜて焼く
・豆乳を電子レンジで温めてから青汁を混ぜて溶かす

上記のような飲ませ方や食べさせ方が効果的で、少しずつ与えれば嫌がることはないはずです。