青汁ダイエット

ホーム ≫ アレルギーへの青汁の効果

アレルギーへの青汁の効果

青汁はアレルギー症状にも効果があるの?

アレルギー症状への対策に効果的な飲み物が青汁で、サプリメントやドリンクとして毎日の生活に取り入れる方は増えました。

アレルギー体質の方は身体の免疫機能に異常が生じ、アレルゲンに対して過剰に反応して自分の身体を攻撃する状態のことを指します。

生まれ持った体質は遺伝による影響なので変えることはできないものの、栄養素をバランス良く摂取したり適度な運動を心掛けたりという方法で免疫力を高めることは十分に可能です。

以下では、青汁の中にどのような栄養素が入っているのかご説明しているので、アレルギーとの関連性についてチェックしてみましょう。

ビタミン類:心身ともに体調を整える
ミネラル:免疫力や抵抗力を高める
ポリフェノール:抗酸化作用を持っている
食物繊維:腸内環境を整えて免疫力を上げる

このような栄養素が青汁には豊富に含まれており、アレルギー症状の緩和に繋がると考えられている大きな理由です。

健康食品なので外用薬や内服薬のような副作用はなく、身体の内側から安全にアレルギー症状が引き起こされにくい体質へと少しずつ変える効果があります。

もちろん、何が原因でアレルギー症状を引き起こしているのか自分の体質を把握することも大事ですが、不規則な生活習慣の改善のために青汁を飲むのは選択肢の一つです。

「液体の青汁はちょっと・・・」と戸惑っている方のために、当サイトではカプセルタイプの「酵素青汁111選セサミンプラス」をご紹介しているので一度試してみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

花粉症対策として青汁を飲んでみよう

アレルギー症状の代表格とも言えるのが花粉症で、冬場から春先にかけて以下のような症状で悩んでいる方は多いはずです。

・次から次へと鼻水が出てきてティッシュが手放せない
・くしゃみが止まらなくて勉強に集中できない
・目を取り出して洗いたいほど痒くて仕方がない
・鼻づまりが酷くて寝付けない日々が続いている

日本人の25%以上の人が花粉症に苦しめられているというデータがあり、国民病の一つなのは間違いありません。

この花粉症対策には青汁が効果的で、アレルギーの元凶となるIgEという抗体を作りにくくしてくれます。

マウスの実験でもこの効果は明らかにされており、1日に1杯の青汁を飲むだけでもIgEが減って花粉症の季節に過ごしやすくなるのです。

また、ケールを主原料とした青汁にはフラボノール配糖体や糖脂質が含まれていて、花粉が粘膜に入ってアレルギーを誘う因子のインターロイキン4を減少させる働きもあることが分かりました。

妊婦さんや授乳中の女性は赤ちゃんのことを考えて、花粉症の症状を抑える抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制剤といった医薬品は服用するべきではありません。

だからといって症状を放置していると日常生活に支障が出るので、アレルギー症状の緩和効果が期待できる青汁を飲んでみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

アトピー対策として青汁を飲んでみよう

絶対に効果があるというわけではありませんが、アトピー対策としても青汁は適していると言われています。

肌が乾燥して痒くなったりジュクジュクとしたりという症状がアトピー性皮膚炎で、このアレルギー症状にはステロイド剤が効くというイメージがあるかもしれません。

確かに、外用薬にしても吸入薬にしてもステロイドは抗炎症作用と免疫抑制作用を持ち合わせており、皮膚に引き起こされたアレルギー症状を和らげてくれます。

しかし、長期間に渡る服用によって副作用のリスクが高まるため、現在では青汁が注目を集めているのです。

青汁が直接的に皮膚症状を和らげるわけではないものの、腸内環境を整えて免疫力をアップさせたり皮膚のバリア機能を改善したりという効果を持っています。

乱れた食生活を送っている方ほど免疫力や抵抗力が低下し、不快な症状で悩まされやすいので身体の内側から体質改善を図るのは大事だとお分かり頂けるはずです。

アトピーの完治に繋がらなくても、栄養素を毎日バランス良く摂取するのは大事なので、青汁を飲む生活を続けてみてください。