青汁ダイエット

ホーム ≫ 睡眠・不眠への青汁の効果

睡眠・不眠への青汁の効果

青汁は睡眠や不眠への効果もあるの?

意外だと思うかもしれませんが、健康ドリンクとして有名な青汁は睡眠や不眠への効果もあります。

もちろん、健康食品の一種なのでマイスリーやハルシオンといった睡眠薬のような効果はなく、不眠症の治療に繋がるわけでもありません。

それでも、下記のように青汁を飲み始めてから睡眠生活が一変して良くなったと口コミを残している方はいました。

  • 不眠の症状が緩和した
  • 寝付きが良くなった
  • 快眠を得られた
  • すっきり目覚められた

以下では青汁を飲むことで毎日の睡眠にどのような影響が加わるのかご説明しているので、不眠症を中心とする睡眠障害の悩みを抱えている方は一度目を通しておきましょう。

睡眠を促すホルモンのメラトニンが含まれている

青汁が不眠に効果的だと言われているのは、睡眠を促すホルモンのメラトニンが含まれているからです。

メラトニンは元々人間の脳の松果体から分泌されている成分で、日中の活動する時間帯に減少して太陽が沈んで夜になっていくにつれて増えて眠りへと誘う働きを持っています。

昼夜逆転の生活を送っていたり食べ物から摂取するアミノ酸の量が不足していたりという方はメラトニンの分泌量が減少し、不眠に繋がりやすいので青汁を飲んだ方が良いのではないでしょうか。

しかし、全ての青汁の中に睡眠ホルモンのメラトニンが十分に含まれているわけではなく、下記のように原材料によって違いが生じています。

ケール:4,300ng
オート麦:180ng
とうもろこし:139ng
お米:100ng

どの原材料と比較してもケールのメラトニンの含有量は別格で、明日葉の青汁の70倍も含まれているのです。

メラトニンを補給するためのサプリメントは日本では販売されておらず、効率良く取り入れたいのならばケールを原材料とした青汁を飲むのが良いかもしれません。

生活習慣の乱れだけではなく加齢によっても分泌量は徐々に減少し、「昔はグッスリと毎日眠れていたのに年齢を重ねてから眠りが浅くなったりパっと目が覚めたりするようになった」と感じている方は多いはずです。

加齢による影響なので仕方がないものの、睡眠不足の状態が続いていると疲労感が溜まったり集中力が欠けたりと様々な悪影響があるので、青汁で補給してみましょう。

当サイトでは、福岡県産の品質の高いケールが原材料として使われている「酵素青汁111選セサミンプラス」をご紹介しているので、公式ホームページで詳細をチェックしてみてください。

>>酵素青汁111選セサミンプラスの詳細はこちらから<<

ホットミルクに青汁を溶かして不眠を解消しよう

青汁の不眠の緩和効果を更に高めるために、ホットミルクに青汁を溶かして飲むのが適しています。

眠れない夜に冷たい水分を摂取すると、胃腸がビックリして睡眠の妨げになるかもしれません。

そんな時に適した飲み物がホットミルクで、下記のような効果が期待できます。

・興奮やストレスを鎮めて副交感神経を優位に保つカルシウムが含まれている
・「脳内物質のセロトニンが生成される」⇒「睡眠ホルモンのメラトニンに分解される」という働きを促進するトリプトファンが含まれている
・温かい飲み物を飲むことで胃腸などの内部から体温を上げ、自然な眠気を促してくれる

「ホットミルクで睡眠の質が高まるのはブラシーブ効果なのではないか?」という意見も出回っているものの、このように眠りへと自然と導く栄養素が含まれているのは事実です。

つまり、ミルクの中にケールが原材料の青汁を混ぜて飲むことにより、更に大きな効果を得られるのではないでしょうか。

大事なのは睡眠時間ではなく質なので、青汁入りのホットミルクを飲むだけではなく、「寝る前にストレッチを行う」「就寝する1時間前に半身浴をする」「温熱シートで目と首を温める」という対策を行ってみてください。